家族のしゃべり場

主に家族のことや働き方について発信していくブログ。

家族のしゃべり場

MENU

スポンサーリンク

新品のレッドウイングは靴擦れ対策必須です。

f:id:liberted621:20171207211916j:plain

どーもサンタク(@liberted621)です。

 

ぼくはレッドウイングのブーツをこよなく愛しています。

 

7年間レッドウイングのブーツを愛用してるわけですが、新品当時は靴擦れにかなり悩まされました。

 

ブーツを買う前はめっちゃ検索しまくって、靴自体の予備知識をためこんでいましたが、いざ手にすると理想と現実のギャップに打ちひしがれることに…。

 

きっと新品のレッドウイングシューズを手にした人のだれもが通る道「靴擦れ」の対策についてぼくが解決策を提案します。

 

レッドウイングの靴擦れから靴下で足を守る

f:id:liberted621:20180216192930j:image

新品当時はかかとの靴擦れに手を焼きましたよ…。

 

もう7年も前なので写真は残っていませんが、仮に残ってたとしてもブログには載せられないぐらいの靴擦れっぷりでした。

 

レッドウイングのブーツは、新品時の革の硬さが尋常じゃないんですよ。

 

新品のブーツを履いて小一時間歩くだけで足の至るところが痛くなってきます。「こんな苦行を乗り越えてまでブーツを愛せない」とおろしたてのときは思ってました。

 

そこでぼくがとった対策は、厚手の靴下を履くことでした。

 

ブーツに対しての予備知識は仕込んでいましたが、靴擦れの対策までは考えていませんでした。今思えばなんと愚かな行為だったんだ。

 

これからレッドウイングデビューする方は、ブーツとセットで靴下を購入することを強くオススメします。

 

靴擦れ対策にはこちらの靴下がいいですよ↓

 

登山用の靴下は比較的生地が厚手なのと丈が長めなので、直接的な靴擦れのダメージが少なく済みます。丈の長さについては後述します。

 

くれぐれもスニーカー用のくるぶしソックスを履くような愚かな行為はやめましょう。ぼくはそれで死にました。 

 

絆創膏を靴擦れ予防に貼っておくのも効果的

BAND-AID(バンドエイド) 救急絆創膏 ウォーターブロック 40枚

靴下と併用して絆創膏を貼っておくのも靴擦れ予防には効果絶大です。ただし、絆創膏と言っても大判の物が理想的です。

 

一般的なサイズの絆創膏だと、歩いてる間にずれてきちゃって意味がないんですよね。

 

まずは一度ブーツを履いてみて足の当たる部分を把握しておきましょう。そこがいわゆる靴擦れポイントになります。

 

  • かかと
  • 足の外側(小指の下らへん)
  • 足の内側(親指の付け根らへん)
  • 足の甲

 

よくある靴擦れポイントはこのあたりですかね。人によって個人差はあるので、実際に足を通してから判断してみてください。ぼくは「かかと」「アキレス腱あたり」が擦れてえらいことになりました。

 

丈が長めの靴下を履く必要性は「アキレス腱あたり」の靴擦れを防止するためだったんです。くるぶし丈の靴下だとこれはカバーできないですからね。

 

履く前にオイルを塗っておく

[コロンブス] columbus クリーム ミンクオイル シューズ・レザーグッズ用 45g

レッドウイングのブーツをおろす前に、一度オイルを塗っておくと革が柔らかくなります。

 

オイルを塗るだけで靴擦れを防げるわけではありませんが、足には馴染みやすくなりますよ。

 

ぼくは新品をおろす前にオイルをたっぷり塗り込んでブーツを曲げたりしながら革を伸ばすようにしてました。

 

靴紐をゆるめて履く

 

ちょっとだらしない見た目にはなりますが、革が馴染むまでは紐をゆるめたまま履くのも靴擦れ対策としては効果高いです。

 

こんなイメージ↓

f:id:liberted621:20180119033707j:image

出典:レッドウイング - Google 検索

 

実際ぼくはやってたけど、最初の強烈な靴擦れが嘘のようになくなりました。

 

この状態で履いてるうちに革が馴染んできて、ある日を境にまったく靴擦れしないどころか超絶フィットするようになりました。

 

回数で言えば10回履いたあたりから急激に足に馴染むようになってきましたね。

 

大学生とかが履き崩したような見た目になっちゃうけど背に腹はかえられぬ。 ということで、靴擦れが痛すぎてどうしようもない人は試してみてください、

 

さいごに

[レッドウィングシューズ] RED WING SHOES ブーツ ヘリテージワーク モックトゥ 875 BROWN(Oro/8)

ぼくのレッドウイングデビュー時の経験を基に今回の記事を書いてみましたが、靴擦れで苦しんだことも今となっては良き思い出です。

 

ぼくが7年かけて育てたレッドウイング8166も、まだまだ現役で頑張ってくれることでしょう。

 

今後の更なる経年変化が楽しみです。

 

その前にソール交換しなきゃ!

 

 

おわり