家族のしゃべり場

主に家族のことや働き方について発信していくブログ。

家族のしゃべり場

MENU

スポンサーリンク

ブログをこどもの資産として残すという考え方

f:id:liberted621:20171110033717j:plain

どーもサンタク(@liberted621)です。

 

こどものための資産形成ってどうしてますか?

 

  • 一定額を成人するまで毎月貯蓄
  • お年玉を貯蓄
  • 親戚からこどもが臨時収入を得たら貯蓄

一般的にはこんな感じのことはどの家庭でもしてるとは思います。

 

お金は何かと必要になりますからね~。あるに越したことはないですよね。

 

でもぼくは思ったんです。これからは信用がお金に変わる時代になっていくとしたら、「フォロワー」だったり、ドメインを資産として残してあげるのも有効なのではないかと。

 

ぼく自身がブログで生計を立てていきたいと考えてるので、今回は「ブログ」をこどもの資産として残していくことについて書いていきます。

 

あるシングルファザーのブログがきっかけ

いきなり「ブログをこどもの資産に~」とか言われてもよくわからないと思うので、ぼくがどうしてこんな考えを持ったのか、その経緯を説明していきます。

 

今回の考え方に至ったのは、こちらのブログを読んだことがそもそものきっかけです。

自分の離婚。人生最悪な1ヶ月の始まり 〜前編〜 - Yamashi-blog

 

短期間でかなり壮絶な経験をされてます。このブログがツイッターでたまたま流れてきたのですが、正月の間に一気に読みこんでしまいました。

 

壮絶な経験のあとに、筆者の方はブログに活路を見出したんです。

 

ブログを収益化するためには時間が必要

ぼくもこのブログを始めてから今がやっと3ヶ月目になります。

 

始めたばかりのころは10PV/日とかだったのが、今では安定的に50PV/日ぐらいまで成長しました。読者の方、いつもありがとうございます!

 

ときにはリライトだけの日もあったけど、毎日少しずつ記事を書いて成長してきました。

 

きっと、ほんの一握りの天才はブログ始めたばかりでも結果を出すのかもしれませんが、ぼくは凡人。ちょっとずつ時間をかけることしかできません。

 

こどもたちのブログを用意しておくことについて

自分の経験から、時間をかけることでブログ、ドメインは成長していくと考えたとき

「こどもたちにブログを用意しておいてあげるのはどうだろう」と閃いたんです。

 

小学生から始めるブログなんていうのも面白そうじゃないですか!と思って調べてみたらすでに小学生ブロガーはいるんですね…。

 

d.hatena.ne.jp

これとかすごいいい親子関係の築き方ですよね。

 

一緒に映画を見てその感想をブログ上でやりとりするコミニケーション。目から鱗でした。

 

こんな風にこどもたちが自己表現する場を用意しといてあげるっていうのも悪くないのかななんて思ったり。

 

ブログが助けてくれるときがくる

これからはTwitter、ブログ、YouTubeなど、個人を発信するメディアを各自が持つことが当たり前になっていくと思ってます。

 

そうなったとき、スタート時点ですでにファンがついてるアカウントで始めるか、ゼロからアカウントを作るかでまったく違う結果になるのは当然です。

 

アカウントを作るところから始めなければ意味がないと思う人もいるかもしれないけど、それはぼくは違うんじゃないかなと。

 

もともとお金持ちの家に生まれた子は、教育面や育つ環境がちがうのと同じで、すでに数百人、数千人のフォロワーがいるアカウントを運用する方が圧倒的に楽です。

 

ぼくにはたくさんのお金を用意してあげることはできないけど、ブログやSNSアカウントを用意しておいてあげることぐらいはできます。

 

そうしたアカウントが金銭面、精神面でこどもたちを助けてくれるときが必ずくると思ってるので、ぼくにできることとしてブログを用意してあげようと思った次第です。

 

さいごに

ぼくがブログアカウントを用意しても、こどもたちがブログを始めることはないかもしれません。

 

そうなったらまあ自分で何かアフィサイトでも運営すればいいんです。

 

でも、現物としてのお金だけじゃなく、デジタルの資産形成も同時にしておくだけでこれから先のこどもたちはずっと生きやすい世の中になっていくんじゃないかな。

 

おわり